債務整理・自己破産任意整理特定調停民事再生などの多重債務を解決します

債務整理・自己破産TOP

. .
債務整理・自己破産TOP .
債務整理の手段 .
任意整理 .
特定調停 .
民事再生 .
自己破産 .
本音の債務整理 .
失敗しない債務整理 .
自己破産VS任意整理 .
特定調停VS任意整理 .
借り換えVS任意整理 .
実話の借金体験 .
借金地獄からの生還 .
自己破産への道 .
ある主婦の15年 .
金融業者の分類 .
.
消費者金融 .
クレジット信販 .
高金利業者 .
商工ローン .
特殊な債務状況 .
債務整理の取り組み .
ご家族の借金脱出 .
女性のための債務整理 .
公務員の方へ .
関連機関の紹介 .
各地方裁判所 .
管轄法務局 .
全国公証役場 .
信用情報機関 .

債務相談窓口

03-5459-2312

■ ご家族の借金救出

配偶者、お子さん、ご両親、恋人など身近な方が借金の返済に困っていることを知り、心配されている方も少なくないでしょう。当然、ご家族としては何とか手助けをとお考えになりますね。そして、まず考えつくのが代わりに返済してあげるということでしょう。果たして、これで無事借金地獄から抜け出せるのでしょうか?残念ながら、大変難しいと言わざるを得ません。ご家族が代わりに一括返済された場合、高い割合で再びより大きな借金を作ってしまうケースが後を絶ちません。何故でしょうか?そこにはこんな仕掛けがあります。

家族などに用立ててもらい一括返済する。
   ↓
金融機関は一括返済をした債務者を優良顧客と判断する。
   ↓
優良顧客(元債務者)に対し、以前より貸付限度額を高く設定し、貸付の勧誘をする。
   ↓
元債務者はまたつい手を出してしまう。最初の借金より金額は確実に増えている。

これではいつまで経っても終わりません。借金の肩代わりが如何に危険なことかおわかりになるでしょう。それではどうしたら、借金と縁を切らせることができるでしょうか?
ご存知の方も多いと思いますが債務整理という法的な方法が有効です。整理の種類はいくつかありますが、いずれの場合も債務者自身が支払えなくなったということを金融機関に伝えるものですから、信用力が落ち、一定期間(3年から7年。場合によってはそれ以上。)融資を受けることができません。借金の連鎖を断ち切るために必要な冷却期間です。
まずは債務者自身に我々司法書士に相談するよう勧めてみてください。もし、説得が難しいようでしたらまずはご家族の方からでも結構です。実際、ご本人ではなくご家族の方が最初に相談の電話をかけてこられるケースも少なくありません。
たとえ親(子)であっても借金の肩代わりをする義務も義理もありません。家族全体の幸せを考えることが大切です。

全国無料相談

クレサラ無料診断/債務相談ダイヤル

電話0120-59-2312
電話03-5459-2312

債務整理.JP(自己破産 任意整理 特定調停 民事再生)
Copyright(c) 弁護士法人 イストワール法律事務所
.