債務整理・自己破産任意整理特定調停民事再生などの多重債務を解決します

債務整理・自己破産TOP

. .
債務整理・自己破産TOP .
債務整理の手段 .
任意整理 .
特定調停 .
民事再生 .
自己破産 .
本音の債務整理 .
失敗しない債務整理 .
自己破産VS任意整理 .
特定調停VS任意整理 .
借り換えVS任意整理 .
実話の借金体験 .
借金地獄からの生還 .
自己破産への道 .
ある主婦の15年 .
金融業者の分類 .
.
消費者金融 .
クレジット信販 .
高金利業者 .
商工ローン .
特殊な債務状況 .
債務整理の取り組み .
ご家族の借金脱出 .
女性のための債務整理 .
公務員の方へ .
関連機関の紹介 .
各地方裁判所 .
管轄法務局 .
全国公証役場 .
信用情報機関 .

債務相談窓口

03-5459-2312

民事再生 −民事再生による債務整理−

民事再生とは
民事再生相談 0120-59-2312 / 03-5459-2312


民事再生とは、債務者の管轄の地方裁判所に申し立てをして、住宅ローンに関する特則により、自宅等の所有不動産物件を保守しながら、住宅ローン以外の債務を、小規模個人再生(個人事業主用)又は給与所得者等再生(給与所得者用)のいずれかの方法で、負債総額の20%(但し100万円以上〜300万円以下)を3年間(最長5年)にわたり弁済してゆき、更に住宅資金貸付債権に関する特則を行使する事で、住宅ローン自体も最長10年支払期間を延長する事ができ、財産等を失う事無く債務の大幅な圧縮をして、3ヶ月に1回以上のゆとりある分割返済を目的とした債務整理。

【民事再生の主要条件】

住宅ローン等を除く無担保債務総額が5,000万円以下で、将来において継続的、又は断続的に収入を得る見込みがある事

【民事再生の最大注意点】

小規模個人再生については、書面決議で債権者数・債権総額の50%以上の異議があった場合可決されず、債務は圧縮されない


  民事再生−民事再生による債務整理−

民事再生問合せ>>

【民事再生の手順】

民事再生の申し立て

再生開始決定

裁判官口頭審問

債権届出異議申立

債務総額の確定

再生計画案提出

(小規模個人再生)
 
(給与所得者等再生)

書面決議の可決

 

意見聴取の実施

計画案認可決定

再生計画書に従い返済開始

【民事再生費用】

・小規模個人再生

着手金 0円
報酬金 195,000円
事務手数料 9,000円〔債権者1件につき〕

・給与所得者等再生

追加費用 50,000円〔小規模個人再生の報酬金に追加〕

・住宅ローン特則

追加費用 50,000円〔小規模個人再生の報酬金に追加〕

・援助立替料金(要審査)

民事再生 119,047円
収入要件等により利用可能/毎月一律5,000円支払いのみ

民事再生問合せ>>

全国無料相談

クレサラ無料診断/債務相談ダイヤル

電話0120-59-2312
電話03-5459-2312

債務整理.JP(自己破産 任意整理 特定調停 民事再生)
Copyright(c) 弁護士法人 イストワール法律事務所
.