債務整理・自己破産任意整理特定調停民事再生などの多重債務を解決します

債務整理・自己破産TOP

. .
債務整理・自己破産TOP .
債務整理の手段 .
任意整理 .
特定調停 .
民事再生 .
自己破産 .
本音の債務整理 .
失敗しない債務整理 .
自己破産VS任意整理 .
特定調停VS任意整理 .
借り換えVS任意整理 .
実話の借金体験 .
借金地獄からの生還 .
自己破産への道 .
ある主婦の15年 .
金融業者の分類 .
.
消費者金融 .
クレジット信販 .
高金利業者 .
商工ローン .
特殊な債務状況 .
債務整理の取り組み .
ご家族の借金脱出 .
女性のための債務整理 .
公務員の方へ .
関連機関の紹介 .
各地方裁判所 .
管轄法務局 .
全国公証役場 .
信用情報機関 .

債務相談窓口

03-5459-2312

■ 本音の債務整理

借り換えVS任意整理

毎月の返済が苦しいので、借り換えで一本化して余裕を持って払ってゆきたいというご相談がよくありますが、借り換えは債務整理ではありません。

借り換えをすれば支払いが格段に楽になり完済までを視野にいれられるはずです、しかし借り換えをしたがゆえに苦しくなるケースが多々あります。

まず前提として、借り換えは望む人すべてが出来るわけではなく、金融業界における消費者信用が一定以上の方以外は難しいでしょう。

ここで気を付けなくてはいけないのが、借り換え詐欺です。

支払いで苦しい中、わらをもつかむ気持ちで借り換えを申し込み、詐欺にあうケースは珍しくありません、どんな理由があったとしても先に金銭を振り込むという事はありえませんので注意してください。

借り換えができた場合、複数の金融業者が一ヶ所にまとまり、利息も多少安くなり希望どおりの状態になったかのように思えますが、今までの元金と利息の合計額がこれからの元金になりますので、総借入額は増額になります。

これにより支払い先は一ヶ所になったが、毎月の支払額はあまり変わらない現象がおきてしまうのです。

しかし借り換えの際に最も慎重にならなくてはいけないのが、今まで長期間の取引があり、利息制限法による引き直しの計算をすれば大幅な減額、または過払いが発生する状態だとしても、借り換え後は最初からの取引になるので、途中で支払いが苦しくなって債務整理に移行したとしても、本来引ける金額が引けない、返ってくる金額が返ってこない等の事が起こってしまうのです。

どちらが最良の手段かは、その人によって違いますが、よく先の事まで考えて間違いのない方法を選びましょう。

全国無料相談

クレサラ無料診断/債務相談ダイヤル

電話0120-59-2312
電話03-5459-2312

債務整理.JP(自己破産 任意整理 特定調停 民事再生)
Copyright(c) 弁護士法人 イストワール法律事務所
.